台湾茶の誇り

台湾茶の誇り Taiwan Tea 

台湾茶は100年以上の歴史があり、伝統的な製茶手順は複雑ですので細心の注意が必要です。
茶の熟度の判断から、天候の影響、発酵の程度を把握し、お茶を入れる際の温度と時間の制御など、様々な過程を経て最良のお茶となります。 良質なお茶を提供するという精神を大事にしているため、弊社は台湾から輸入した茶葉を使用することにこだわり、指定された台湾の茶工場は、最適な比率に従ってそれらを混合し、フレーバーに応じて発酵と成熟度を決定し、さまざまな深みのあるお茶を製造しています。
 
 
 
 

 

 

精選した三大茶種:

紅茶・緑茶・烏龍茶をベースとし、好みに合わせて調合します。茶葉本来の香りを味わうには、発酵する必要ない緑茶を選びジャスミンと組み合わせることにより、戻りの甘さと香りを引き出します。また、甘く口当たりの良い茶飲料は、異なった発酵熟成程度の紅茶と烏龍茶を選ぶことで、烏龍茶特有の香り、甘いキャラメル風味の余韻が楽しめます。お茶としてだけではなく、やミルクと合わせて飲んでも、さまざまなレベルの魅力的な味を体験することができます。

 
茶の基本生産過程:
紅茶: 
茶葉は萎凋、揉捻、発酵、乾燥などのステップを経た後、お湯に浸す必要があります。お茶は深い赤色で、芳醇な香りを放ち甘い味わいが特徴です。
 
緑茶:   
茶葉は殺菁、揉捻、乾燥などのステップを経た後お湯に浸すと、淡い緑色でスッキリとした香りと甘さをもつお茶が出来上がります。日本緑茶の殺菁方法は主に菁を蒸すことで、お茶は淡麗で爽やかな香りがします。一方、台湾は主に菁を炒めており、濃厚な味わいが特徴です。
 
烏龍茶:
青茶の一種で発酵程度は緑茶と紅茶の間、お茶はゴールデンイエローの色をしています。甘くまろやかな味わいなので花の香りやフルーツの香りと合わせても相性抜群です。
 
 
企業情報